新車の値引き交渉最終手段は下取り車が有効

新車の値引き交渉最終段階で下取り車を使おう!

 

新車の値引きを引き出す際に、ただやみくもに「値引きしてください」「もう少し安くしてください」と言ってもあまり効果はありません。

 

他に競争相手がいることで、セールスマンも本気で値引きに乗り出します。

 

そこでここでは、より多くの値引きを引き出すための『競争』を利用するポイントをご紹介します。諸費用カットで値引き交渉すべき項目と一緒に押さえておいてくださいね。


ライバル車との競争

ライバル競合車

 

まず1つ目は、競合ライバル車との値引き競争を引き起こすことです。これは、『複数の車同士で値引き額を競わせ、そのことにより値引き額を高めていく』という方法です。

 

ミニバンやコンパクトカー、軽自動車のように実用性が重視される車を購入する場合は、このようなライバル車同士の値引き競争が効果的です。

 

あくまでも実用性重視ですから、買い手は客観的に車の価値を判断します。そのうちの1つが購入予算であり、値引き額によっては購入する車が変わる、ということも少なくありません。

 

 

OEM車との競争

スズキスペーシアカスタム

 

OEMとは、自社で開発した製品を他社でも販売することです。特に軽自動車などは販売した時の利幅が少ないため、このOEM販売が盛んに行われています。

 

例えば、スズキのスペーシアがベース車でマツダのフレアワゴンはOEM車、マツダのプレマシーがベース車で日産のラフェスタハイウェイスターはOME車、といった感じです。

 

販売する会社は違っても車自体は同じものですから、買い手としては比べて当然ですし、もちろん値引き競争も成立します。

 

 

販売店同士の競争

日産ブルーステージとレッドステージ

 

また、同じ車種同士で値引き競争をさせる、という手もあります。

 

例えば、スズキのアリーナ店と業販店間、日産のレッドステージとブルーステージ間でなど、たとえ同じ車を販売しているとしても、販売会社が違えば競争は可能です。

 

 

最終手段は「下取り車」

値引き交渉も煮詰まり、営業マン、購入者どちらも打つ手がなくなった場合の最終手段が「下取り車の査定価格アップ」です。車両本体の値引きには限界がありますので、これが最後に大きな差額を生み出す決定版。

 

無料オンライン査定を使って買取査定業者から最高査定見積り価格を引き出したあと、「この価格よりも下取り車を高く査定してくれるなら購入します!」と営業マンに言い切りましょう。

 

ディーラーとしては、どうしても新車の購入をして欲しいと思っているため、下取り車であればあとプラス数万円での査定価格アップなら飲まざるを得ません。

 

もちろんこの時には、印鑑を机の上に出して、「あと●●万円査定を上げてくれたら印鑑押しますよ!」と伝えましょう。ほぼ間違いなくディーラー営業マンはこちらの要求を受け入れてくれるハズです。

 

契約書

 

まとめ

このように、車を買おうと思ったら、あらゆる方法で『競争』を引き起こすことができます。ただし、長々と時間がかかる商談はセールスマンから嫌がられます。

 

商談で値引きに成功したら、すぐにライバル社のセールスマンにそのことを伝え、それによってライバル社での値引きが引き出せたら、またすぐにもう一方のセールスマンとの商談を進める。

 

これを繰り返しつつ、最終下取り車の査定価格アップを要求することで、短期間で実質値引き額は拡大する可能性大になりますのでぜひ参考にしてみてください。

 

チェック

 

下取り車の有効活用も含めて、無料オンライン査定を上手に活用することで車両本体以上の値引きが可能になることも多々ありますので、新車購入前には必須で使っておきたいですね。


一番おすすめはココ

 

最高買取価格をチェック


このエントリーをはてなブックマークに追加