査定前の洗車はしておくべき?

査定前の洗車はしておくべき?

 

売却予定の車を下取り・査定に出す前に、洗車はしておくべきなのでしょうか?

 

結論から言うと、洗車や車内の清掃をしておくことによって、査定金額が上がる可能性は少なからずあります。

 

査定士も人間、最初に車を見た時にその車をキレイだと感じるかによって、その後の査定にも影響してきます。車も人と同じで、第一印象が意外と大切です。


下取り査定前の洗車はやっておくに越したことはない

洗車

洗車は自分で手洗いしてもいいですし、ガソリンスタンドなどで洗車してもらってもいいでしょう。『洗車をしないほうが細かいキズが見えづらくなる』という意見もあるようですが、査定士にとっては『どちらかハッキリとしないようであれば、マイナス査定』です。

 

やはりキレイにしておいたほうが、査定士の心証は良くなります。エンブレム周りやタイヤハウス、エンジンルーム、ボンネット裏など、普段はの回りにくい部分をきれいにしておくと、査定士もプロですから必ず気付いてくれて、査定額アップに多少なりとも繋がります。

 

 

車内・トランクの清掃もしっかりと

車内の掃除

小さなゴミや髪の毛などをきれいに掃除するのはもちろんのこと、座席のすき間やシートの下も、ゴミがたまっていないかきちんと確認しておきましょう。

車内・トランクにはスペアタイヤや元々装備されていた工具等だけを残し、シールやお守り、小物類などその他の余分なものは全て取り外しておきましょう。

 

 

車内の消臭も忘れずに

エアコンの消臭

自分では慣れてしまっていて意外と気付きにくいのが、車内の臭い。タバコの臭いやペットの臭いはもちろんのこと、車用の芳香剤や香水の匂いなど自分では良いと思っているニオイも、人からは嫌がられることもあります。

中古車下取り査定の場合は基本的に無臭が好まれますから、消臭剤などを使ってできる限りニオイをなくしておくのがオススメ。

 

 

まとめ

車を売るのも買うのも人間なら、査定をするのもまた人間です。
外装の洗車だけでなく、車内、トランクの清掃や消臭をきちんと行うことによって車をより魅力的に見せ、下取り査定額をアップさせやすくしておきましょう。

 

チェック

 

下取り査定前の洗車や車内の掃除については、「やっておいたほうがより良い」ということで、必須ではありません。

 

お金をたくさん掛けてまでやらずとも、最低ぱっと見キレイになっている、というレベルで行っておくのがオススメです。


一番おすすめはココ

 

最高買取価格をチェック


このエントリーをはてなブックマークに追加