下取り査定の交渉術について

下取り査定の秘訣とは?

 

今まで大切に乗ってきた愛車。手放す時がきたなら、できれば少しでも高く売りたいものですよね。

 

そこで、高額査定につなげるための交渉必勝ノウハウをご紹介します。


複数社から見積もりをとる

買取査定業者一覧

 

複数の業者に査定を依頼し、できる限りたくさんの相見積もりを取る、というのがやはり高価買取へつなげるためのベストな方法です。

 

買取査定業者同士での価格競争をオンライン一括査定を使って効率的に行い、一番高いところに売ります。

 

ただし、ここで気をつけて欲しいのは、『即決はしない』ということです。交渉を重ねるほど、査定額は上がることがほとんどです。相見積もりをすればするほど、値段は上がりやすくなります。

 

 

交渉期間

査定交渉中

 

交渉は、長くても2週間以内に終わらせたほうがよいでしょう。それを過ぎてしまうと、オートオークションの落札相場が下がってしまうことがあるためです。

 

長くても、5〜10日くらいで交渉をまとめましょう。

 

 

交渉成功の目安は?

交渉成立

 

他社との金額差が1〜2万になってきたら、その交渉は成功したと思ってよいでしょう。それくらいの差になった時点で素早く契約することで、オークション相場の値崩れの影響を受けず、最も高い値段で売ることができます。

 

2万円以下の差額になったら、タイミングを逃さず、一番高い下取り査定価格を付けた買取査定業者に売りましょう。

 

 

まとめ

ディーラー下取りだけではほぼ間違いなく査定価格は上がりません(ディーラー下取りが損をする理由参照)。

 

時間があれば、休日などを利用して各買取査定業者と順番に会うのが良いでしょう。もし忙しくて「1日で決めてしまいたい」という場合は、一度に業者を集めて、オークション形式で査定額を決める、という方法もあります。

 

買取査定業者の見積りが取り揃ったあと、最終交渉として、ディーラーとの下取り査定価格競争に持ち込むのもありです(新車の値引き交渉最終手段は下取り車参照)。

 

チェック

 

とにもかくにも、下取り査定で高く売るためには、「買取査定業者間の価格競争を引き起こさせる」、これが最大の必勝法と言えます。

 

無料オンライン査定を使うことで、この競争を必然的に発生させることができるので一番オススメの方法です。


一番おすすめはココ

 

最高買取価格をチェック


このエントリーをはてなブックマークに追加