車を売る前にやっておきたい準備事項3つ

これだけはやっておこう!査定前の準備事項3つ

 

「車を売る」行為は、たいていの人の場合、人生の中でそう何度も起こることではありません。だからこそ、失敗・後悔のない売却をしたいと思うもの。

 

けれども、その機会が少ない分、当然経験も少ないはず。

 

そこで、下取り査定前に押さえておきたい事前準備事項についてまとめています。


下取り査定相場を知る

中古車査定相場価格

 

自分の車の下取り査定相場価格を知らなければ、当然上手な交渉もできません。まず目標金額も定まりませんし、なにより、提示された金額が妥当なものなのかどうか、判断ができないからです。

 

愛車の査定相場を知るためには、中古車販売店を1つ1つ回っても良いですが、それよりも、インターネットでの無料一括査定を利用したほうが、時間と手間が節約できます。

 

複数の業者に見積もりを出してもらうことで、ある程度下取り査定相場がわかってくるでしょう。

 

下取り査定参考価格をインターネットで知る方法については当サイトTOPでまとめています。

 

 

車の状態を把握する

査定士

 

車のコンディションをしっかりと把握しておくことも重要です。

 

査定士の仕事はできるだけ安く車を買い取ることですから、「自分の車のこともよく分かっていないオーナーだ」と思われてしまうと、「きっと相場もわからないだろう」と安く査定額を出される可能性があります。

●修理・交換歴等の把握
●事故歴・修復歴はあるか
●エンジン音に異常はないか

これらを事前にしっかりと確認し、聞かれた時にすぐに答えられるようにしておくだけでも、査定士の印象は違ってきます。

 

こちらが車のことをきちんと把握していることが伝われば、査定士もきちんとした金額を出さざるを得ません。

 

 

必要書類を揃えておく

売却時の必要書類

 

下取り査定の際に最低限必要になる書類は、「車検証」と「自賠責保険証明書」です。まだローンが残っている場合は、ローンの支払予定表も用意しておくとよいでしょう。

 

査定士は毎日何台もの車を査定し、常に複数の案件を抱えています。書類に不備がなく、スムーズに売却してくれるオーナーであれば、金銭面で多少は譲歩してくれるでしょう。

 

 

まとめ

査定士には日々新しい査定依頼が来ますから、交渉が長期化すると、その案件への興味や情熱も次第に薄れてしまいます。彼らの心をつかむためには、「条件さえ合えば即決します」という心構えで望むことも大切です。こちらの本気が伝われば、相手も本気で臨んできてくれるはずです。

 

上手く相手の本気を引き出し、高額査定へとつなげましょう。

 

チェック

 

査定士との交渉も含めて、出来るだけ多くの買取査定業者と交渉を重ねることが高額査定への一番の近道です。

 

回数が必要になるので手間と多少の時間は掛かりますが、効率よく複数業者と交渉するには、無料オンライン査定が最適ですね。


一番おすすめはココ

 

最高買取価格をチェック


このエントリーをはてなブックマークに追加