事故車だからといって諦めるのはまだ早い

事故車や廃車でも買取査定は可能!

 

事故によって故障した車は、たいていの場合近くのディーラー等に運ばれ、そこで修理の見積もり額が出されます。多くの人はその金額を見て、修理を諦め、そのまま廃車にしてしまうことが多いのではないでしょうか。

 

けれども、ちょっと待ってください。たとえ車体が傷ついていても、事故車であっても、高く売れる場合があるんですよ。


なぜ事故車が売れるの?

事故車

車のパーツを再利用するため、本来とても値段などつきそうにない事故車でも、意外な値が付くことがあります。もちろん事故の程度にもよりますが、見た目の壊れ具合よりも、各パーツが再利用できるかどうかが買取のポイントになります。同じ理由から、事故車の買取の場合、たとえ年式が古くても、走行距離が多くても、値段がつくことがあります。

 

車には約3万点以上にものぼる部品パーツが使われています。あくまでも車のパーツを利用するため、年式や走行距離はあまり関係がないため、年式が古い車だとしても中古部品としての需要はあります。

 

そのため、車自体は査定額が0円だったとしても、部品を活用できる車としての価値があるわけです。

 

 

廃車や事故車になってしまったら

事故車

事故に遭った車は、壊れたまま長期間放置しないで、なるべく早く査定依頼などを行い、引き取ってもらいましょう。窓ガラスが割れていたりすると、雨風にさらされて、シートやドアの内張りなどの内装パーツや、メーター類・各種スイッチなどの内部のパーツが痛み、再利用できなくなってしまいます。

 

どうしても事故車をすぐに売却できない場合は、ビニールシートをかぶせるなどして雨風を避け、できる限り痛まないように気を付けましょう。

 

 

廃車・事故車の買取査定における注意点

廃車

注意すべき点は、ディーラー系で下取り査定をしてもらってもほぼ1円の値段もつかない場合が多いという点。

 

もし大きな事故を起こして動作しなくなった車や、これはどう考えても廃車だと思える車については、ディーラーに持ち込むのではなく、「中古車買取専門店」に持って行くほうがよいということを覚えておきましょう。

 

 

まとめ

事故車は、たとえ外観はひどく壊れていても高値がつくこともありますし、そこまでひどく傷ついていなくても1円もつかないこともあります。

 

状態や状況によって必ず値が付くというわけではありませんが、廃車手続きの手間や処分代を払うことを考えれば、たとえ0円だったとしても、査定してもらった業者に引き取ってもらったほうが得になるので、諦める前に必ず査定してもらうようにしましょう。

 

チェック

 

当サイトで紹介しているオンライン査定サイトでは、全て事故車、廃車扱い、水没車、商用車でも買取査定してくれるところだけを厳選しています。「多分これは値がつないだろうなあ」と思う車でも、まずは査定申し込みをしてみましょう。

 

思った以上の価格が付く場合がありますよ。
廃車・事故車の買取は1社だけで行うと損をするも参考にしてみてください。


一番おすすめはココ

 

最高買取価格をチェック


このエントリーをはてなブックマークに追加