ディーラー下取りが損をする理由

ディーラー下取り査定が損をする理由

 

当サイトTOPでも触れていますが、ディーラー下取りが損をする具体的な理由と、そのための対策についてまとめています。

 

高額査定ゲットのために、愛車を売却する前にはチェックしておいてください。


ディーラー下取りでは損をする?

自動車販売ディーラー

乗り換えのために新車、もしくは中古車を購入する際は、現在乗っている車をなんらかの形で売却することになります。

 

その場合に一般的なのが、「車を購入するお店に下取りとして出す」という方法。いわゆる販売店のディーラー下取りです。

 

しかし、ディーラー下取りは、実は車買取を専門としている中古車買取業者で売却するよりもずっと低い金額で買い取られています。

 

 

なぜ下取りだと買取価格が低くなる?

ディーラー下取り査定価格が低くなる理由の一つは、新車・中古車を販売するディーラーはあくまでも販売専門であり、車買取や下取りというのは専門外になるため。当然専門業者である車買取店の方が買取査定額は高くなります。

 

買取専門店がディーラー下取りよりも安い価格で見積もりを出すようでは、商売として成り立たないためです。

 

話を元に戻して、ではなぜディーラーは下取りを行うかというと、購入者の利便性を考えて、という理由ももちろんありますが、実は『ここで車を買うのだから、下取り額もある程度高くしてくれるだろう』という購入者の勝手な思い込みをたくみに利用している部分が少なからずあります。

 

 

下取りが安くなるもう一つの理由

ディーラー査定

さらに、下取りだと様々なメーカ・種類の車を扱うことになります。自社の車であればある程度の下取り査定を行えますが、他社メーカー車であればやはりどうしても査定は弱くなります。

 

また、そもそもディーラー下取りの査定基準は、「レッドブック」というマニュアルを活用して行われているため、本来査定項目として高く評価すべき事項が疎かになり、細かい部分までの査定が行われていないことも大きな理由として挙げられます。

 

 

下取り対策まとめ:車買取専門業者の一括査定の活用がオススメ

一つ注意すべき点として、車買取専門業者だからといって、どこでも高く買い取ってくれる、という訳ではありませんし、1社のみの査定だけでも十分な査定価格の引き上げは難しいと言わざるを得ません。

 

買取査定額を上げるためにもっとも大切なことは、『複数の買取業者による同時査定』。
査定価格競争を引き起こすことが必要です。

 

競争を起こすために自らの足でそれぞれのお店に出向いて査定を行ってもらってもいいですが、それでは時間と手間がかかりますし、数がこなしにくいので、業者間の競争はなかなか起こしにくくなります。

 

そこで、フル活用したいのが、ネットから一括で査定依頼をすることができる「オンライン査定」。
一括査定サービスだと、査定を複数の業者に依頼していることが初めから確定しているので、各業者は自分の会社で買い取るために、初めからそれなりの値段を提示してきます。

 

チェック

 

現在、無料で車買取の一括査定を申し込めるサービスはたくさんあります。

 

オンライン査定は完全無料で活用できますので、手っ取り早いからと下取りに出してしまう前に、まずは一度使ってみましょう。


一番おすすめはココ

 

最高買取価格をチェック


このエントリーをはてなブックマークに追加