知っておきたい車買取・下取り査定時のチェックポイント

知っておきたい車買取・下取り査定時のチェックポイント

 

車を売ろうとする際、ディーラーでの下取りであれ中古車買取業者への売却であれ、必ずプロの査定士による査定が行われます。

 

少しでも高く買い取ってもらうためには、プロがどこをチェックしているのかを知っておくのは大事なことです。

 

ここでは、下取り査定の際、査定士がどの部分をチェックしているのかをご紹介します。


外装のチェックポイント

リアバンパーのへこみ

外装の場合は、基本的にはキズの有無、事故の有無を見ています。これは誰もがだいたい想像がつくでしょう。ただし、車にキズがあるからといって、査定前に修理に出すというのはあまりお勧めできません。

 

なぜかというと、修理にかかった費用以上に査定額が上がるということはまずないからです。わざわざ査定のために修理に出すくらいなら、そのまま査定に出したほうが結果的にはお得です。

 

 

内装のチェックポイント

タバコの焦げ跡

内装の場合は、シートや各パーツ部分の汚れ、タバコの焦げ跡をチェックします。ただし、汚れに関してはたいていの場合クリーニングできれいにすることができますが、タバコの焦げ跡に関しては元に戻すことはできません。

 

こればかりは、日頃から焦げ跡をつけないように注意しておくしかありませんが、もし焦げ跡がついてしまっていても、せめて内装のクリーニングだけでもしっかりとしておきましょう。

 

 

オプションのチェックポイント

純正品カーナビ

カーナビゲーションやアルミホイールなど後から付けられたものに関しては、型式が新しかったり、人気の種類が付いているものについては査定価格が上がりやすくなります。また、社外品よりもメーカーオプション(純正品)が付いている方がより上がりやすくなります。

 

また、外装で目に見えるもの以外でも、例えば『エンジン内部に○○を付けている』などのように目に見えない部分にオプションで取り付けているもの、手を加えている点等を伝えると、そういったものもプラスになる可能性がありますから、しっかりとアピールしましょう。

 

 

まとめ

中古車は新車と違って、同じ車というものは1台もありません。それぞれの所有者の乗り方、手のかけ方、こだわりなどによって全く違う車になります。

 

プロのチェックポイントを把握した上で、自分の車のアピールポイントをしっかり伝え、高額査定を目指しましょう。

 

チェック

 

中古車の下取り査定相場価格よりも高く売るための一番のポイントは、「査定業者間の価格競争を引き起こさせること」。これなしては高額査定は狙えません。

 

中古車売却時の最終目標として無料オンライン査定を活用してみてくださいね。


一番おすすめはココ

 

最高買取価格をチェック


このエントリーをはてなブックマークに追加