ボディカラーは査定に影響があるか?

ボディカラーは査定に影響があるか?

 

車を購入する際、パールカラーなどの一部のカラーを除き、ほとんどの色は車の購入価格にさほど大きな差はないので、買い手のほとんどは完全に自分の好みでボディーカラーを選ぶことでしょう。けれども、これが売却時になると話は違います。

 

購入時には金額に差がなかった車の色も、売却の際には価格を左右する大きな要素の一つとなるのが一般的です。


人気カラー・不人気カラー

日産キューブのボディカラー全色

 

一般的に日本での人気色は「ホワイト」「ブラック」「シルバー」の3色だと言われています。これらの色は無難であり、多くの人に受け入れられやすいので、中古車として売る時も査定額がプラスされることがあります。

 

逆に「レッド」「ブルー」「イエロー」などの原色や、パープル・ライトグリーン系などの一般的に受け入れられにくいカラーは、車種のイメージに極端に左右されやすい傾向にあり、人気色と比べると査定額に10万円以上の差がついてしまうこともあります。

 

 

車種イメージとボディーカラー

トヨタヴィッツのボディカラー全色

 

先に述べたのは一般的な傾向ですが、車種によっては原色系が人気だということもあります。例えば、スポーツカーなどはブルーやレッドなどの原色系が人気がありますし、CMで起用された色がイメージカラーとなり、そのまま人気色となったりもします。

 

特にイメージカラーと一般的人気色が重なる車種の場合は、人気・不人気色により査定額にかなりの差が出てしまう可能性もあります。

 

 

なぜボディの色によって下取り査定価格に差が出るのか

ボディカラー

 

中古車業界で最も嫌がられるのが『長期在庫』です。人気があり売れやすい車は、中古車として扱いやすい車となります。

 

在庫期間が長くなればなるほど車の価値はどんどん下がっていくため、本来それなりに価値がある車だとしても、「人気のない売れにくい車」はなるべく店頭に置きたくない、というのが中古車販売店の本音のようです。

 

 

まとめ

上記のように、ボディーカラーによっては査定時にプラスになったりマイナスになったり、ということは実際にあります。しかし、数年後にすぐに乗り換えるのなら売りやすい色を選ぶのもいいですが、これから長く乗ろうと思っている車であるのなら、下取り査定価格を気にするあまり好みではないボディカラーを選ぶよりも、やはり自分の好きな色を選んだほうが、より愛着もわくのではないでしょうか。

 

チェック

 

仮にボディカラーで査定価格に差額が出てしまったとしても、それを補うに有り余る差額を叩き出すには、「買取査定業者間の競争」を引き起こさせることが必須です。

 

この競争原理を簡単に引き起こすことができるのがオンライン査定。高く売るためにもぜひ活用してみてくださいね。


一番おすすめはココ

 

最高買取価格をチェック


このエントリーをはてなブックマークに追加